「Piliの大冒険」における私たちのミッションは、書籍やその他の教育的な製品を作成して、子供たちがグローバルな環境問題への意識を高め、多言語リテラシーを育めるようにすることです。

今すぐ書籍を購入する ( Buy book Now )
公式な書籍配布リスト ( Official Book Distribution List )
私たちの読者 (Our Readers)

Screen Shot 2020-04-16 at 9.31.52 AM

今すぐ書籍を購入する

Piliのニューヨーク大冒険 ( The Adventures of Pili in New York ) 今すぐ購入する

The Adventures of Pili

私たちは、グローバルな課題にひるむことなく向き合っている子供たちを教育したいという、目下の要請に応えるためにイラスト入りの書籍を作成しています。グローバル化への準備とは相互依存性と結び付きを理解し、違いをひるむことなく受け入れる感情を持ち、母国語以外の言語を話せるようになるということです。世界中をめぐる楽しい冒険を通して、私たちの書籍は平和とグローバル化への準備、文化の多様性、権限付与、起業家精神、環境保全といったコンセプトに取り組みます。

「Piliの大冒険」は、子供たちを第二言語に親しませようという翻訳以上のものです。両親と教育者が魅力にあふれる絵を見れば、幼児や未就学児を支援する強力なツールであることにお気づきになるはずです。私たちの物語は厳選されたナレーションを付け、幼児期からの二カ国学習を促進しています。

あなたの助けがあれば、この書籍のシリーズを世界中に広めることができます。

「Piliの大冒険」は愛のプロジェクトです。この活動全体の一つ一つが、途上国の人里離れたコミュニティに私たちの無料の書籍を届ける助けとなります。2019年にはアマゾン、オリノコ川などの多くの場所に無料の二カ国語書籍を5,000部配布しました。完全な配布リストはここでご覧になれます。私たちの知らないアイデアや協力は大歓迎です。どうぞ、お知らせください。お便りをお待ちしております。

「Piliの大冒険」への寄付は現在課税控除となっており、私たちのフィスカル・スポンサーである、The Safina Centerを通してお受け取りになれます。このCenterは501(c)(3)項に基づき国税庁により非課税として認められた慈善団体です。****** 寄付をされる場合、あなたの寄付が「Piliの大冒険」宛であることを必ず明記してください。 ****** PayPalまたはクレジットカードを用いて寄付される場合は、ここをクリックしてください。

Unknown-2                                                                    今すぐ寄付する

banner11

Kike Calvoは文化と環境に目を向けている、受賞歴のある写真家であり、ジャーナリスト、作家でもあります。

Kikeは数多くの国で仕事をしてきた経験を持ち、北極圏のベルーガからラオスはモン族の伝統的な衣装まで、変化に富んだ記事に取り組んでいます。Kikeの表現物はナショナル・ジオグラフィック、ニューヨーク・タイムズ、タイム、ウォール・ストリート・ジャーナル、ワシントン・ポスト、ニューヨーク・マガジン、ローリング・ストーン、ヴァニティ・フェアなどで発表されています。そして、AP画像、レダックスピクチャー、ナショナル・ジオグラフィック・イメージコレクションによって表されます。

Screen Shot 2020-01-21 at 9.13.43 AM

Kikeは小型の無人航空システムを他に先駆けて使用することで、芸術としての、また調査や保護のツールとしての航空写真を制作しています。彼はこれまで11冊の書籍を表しました。2018年には書籍やその他の教育的な製品を作成して、子供たちがグローバルな環境問題への意識を高め多言語リテラシーを育めるようにするというミッションのもとで、「Piliの大冒険」プロジェクトを開始しました。地元のNGOとパートナーになり、また企業や読者のサポートも新たに得て、今日まで、5,000冊の無料の二カ国語書籍が世界中の人里離れたコミュニティで暮らす子供たちに届けられています。

Kikeはコロンビア、ブラジル、ペルーで河川の科学的調査の一員となってずっと活動しています。また、長年にわたって、スペインとパタゴニアからコスタリカとアマゾンにまで及ぶ、非常に多くのナショナル・ジオグラフィック・エクスペディションズに参加しました。彼はさらにワークショップで教えることも楽しんでおり、スクール・オブ・ビジュアル・アーツやイェール大学のようなトップクラスの教育機関でゲスト講師を務めてきました。

 

%d bloggers like this: